【でんぱ組からシェアハピまで】日本YouTubeで最も再生されたCM動画ランキング2015【後編】

2015年の企業動画再生回数ランキング5位〜1位!

みなさんこんにちは。ブレイカーインテリジェンスブログでは、 YouTube解析ツール「tubular」を使って、様々な情報をお届けしていきます。 今回は、「2015年、企業動画の再生回数ランキング」の5位〜1位をご紹介! (前回の記事で紹介した10位〜6位はこちらから 現在視聴できる動画の中から2015年に日本YouTubeでアップロードされた企業制作のWeb広告動画の再生回数ランキングを作成してみました! 意外な動画から見たことのあるバズ動画まで様々な動画がランクイン! True View広告として再生回数を稼いでいる場合も多いので、一概に「バズったか否か」の判断基準にはできませんが、そこを推測しながら見てみるのも興味深いものです 果たしてどのようなコンテンツの再生回数が伸びたのでしょうか!?

2015年、日本YouTubeで最も再生された企業動画ランキング

※(「動画タイトル」 /「チャンネル名」)で記述 ※集計期間は2015年1月1日〜12月31日 ※現在視聴できる動画に限ります

5位  Chromecast :夢中になろう。YouTube を、テレビへ。( でんぱ組.inc 篇 ) / Google Japan

再生回数:9,921,501回 Like数:1,938

https://www.youtube.com/watch?v=xr1K12Sxa8o

一時期、盛んにスキップ可能な広告でガンガン流れていたこの動画。見覚えのある方も多いでしょう。私もすごく印象に残っています。 そして、あまりにも沢山広告を流しすぎたせいか、コメント欄に罵詈雑言があふれています!!再生回数に比べて圧倒的に少ないLikeも含め、広告として成功だったのか心配になるレベル…。 ネットと相性の良いとされるタレント、そしてまさにYouTubeユーザーに向けた商品だっただけに、このアンチコメントの多さからは学ぶことが多そうです。

4位 Sharehappi スペシャルムービー(小林直己、岩田剛典、登坂広臣)/ Glico Japan グリコ公式

再生回数:13,076,466回 Like数:38,364

https://www.youtube.com/watch?v=vL4e47iJhZ4

ついにYouTubeで圧倒的な強さを誇る三代目の登場です!とうとう1000万回の大台に乗りました。先日紹介した音楽動画ランキングでも2曲をランクインさせた三代目は、ネット動画広告タレントとしても結果を出しています。 11月11日に向けて、江崎グリコが仕掛けた一大ネットキャンペーンである「シェアハピダンスコンテスト」。渋谷のスクランブル交差点の街頭ビジョンとも連動していました。 ↓小島よしおも参加

https://www.youtube.com/watch?v=wFoy2W-EUdI

3位 FANTASTIC RESTAURANT(Canon Official)  / Canon Imaging Plaza

再生回数:13,187,801回 Like数:1,189

https://www.youtube.com/watch?v=Co1oj3o4tbE

いよいよ3位ですが、こちらもLike数の少ない動画…。TrueViewによって多くの再生回数が伸びた事例のようです。一瞬のチャンスを逃さない、キヤノンのカメラをコミカルにアピールしています。 日本で制作されたらしき動画ですが、全世界で展開されたようで、Tubularによると約20%がアメリカでの視聴で日本は5%でした。

2位 The Lexus Hoverboard: It’s here  / Lexus International

再生回数:13,354,771回 Like数:63,062

https://www.youtube.com/watch?v=ZwSwZ2Y0Ops

8位にランクインしたLexusのホバーボード予告編の本篇が2位にランクイン! こちらはLike数もそれなりにあり、実際に支持されているようです。 実際自動車とは関係ないっちゃないのですが、公式HPによれば、「LEXUSは、“不可能”とされることを実現しようと、常に挑戦し続けて」いるという姿勢をアピールするためのプロジェクトだったようです。いずれにせよ、技術力の高さと、そのエンタメ性が非常に支持された動画でした。 さて!それではこのホバーボードを抑えた1位は果たして…!?

1位 「海の声」 フルver. / 浦島太郎(桐谷健太) 【公式】 / au

再生回数:15,634,329回 Like数:71,942

https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to

トヨタのホバーボードを抑えて堂々の1に輝いたのは、 Auの人気TVCMシリーズのMVとして制作された「海の声」でした! 6年連続CM好感度1位だったSoftbankを抑えて、2015年CM好感度ランキング1位に輝いた、auの「三太郎」シリーズのスピンオフ。桐谷健太扮する浦島太郎がCM中で歌う「海の声」のフルバージョンがこの動画です。「続きはWebで」をまさに体現した戦略で、Like数でも堂々の1位!TVとWebの2冠と言えるでしょう。 また、世界の視聴者を意識した動画も多い中、純粋に日本人に向けて作った動画という点を考慮すると、国内では他の動画を寄せ付けないほど支持されていたということがわかります。

True Viewで再生回数を稼ぐことのリスク

今回まとめてみて、True Viewで再生回数を稼いだはいいものの、高評価が極端に少ない動画が多かった点が印象的でした。 中には5位のでんぱ組動画のように、コメント欄で大バッシングされているものもあり、「果たしてTrue Viewで再生回数をひたすら稼ぐことは戦略として正しいのか?」という疑問も生まれました。 単純に、「スキップ可能」になるまでの5秒で惹きつけられない(というか、何の動画かよく分からない)ものも多く、まだ日本のWeb用企業動画は発展途上と言えるかもしれません。今年はどんな動画が作られるでしょうか。非常に楽しみです。

その他の年間ランキング 2015年日本YouTubeで最も再生された動画ランキング2015年日本YouTubeで最も再生された音楽動画ランキング 2015年日本YouTubeで最も再生されたカバー動画ランキング 2015年日本YouTubeで最も高評価が多かった動画ランキング


※YouTube分析承ります。記事の内容、及び「tubular」の使用に関するお問い合わせは、hoss@brkr.jp(担当:細島)まで。 参考:http://blog.brkr.jp/wp-content/uploads/2015/08/Breaker_Intelligence.pdf 【ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!】 ブレイカー株式会社HP 公式twitter 公式Facebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です