はじめしゃちょーの『アメリカ留学ドッキリ』は本当に”大炎上”なのか?400万再生の内訳とは!?【YouTubeランキング】

YouTube

2016年6月28日付の日本YouTube週間再生数ランキングは?

このブログでは、動画解析ツール「tubular」を使って、YouTubeやFacebook等の動画ランキング情報をお届けしていきます。今週の日本ランキングでは、はじめしゃちょーの海外留学発言が波紋を呼んだようで……?

※対象は2016年6月20日~26日にアップロードされた動画の6月28日時点の再生回数

※現在視聴できる動画に限ります 

10位   もし現実世界にクリーパーがいたら マイクラPE : Google Play Game Fest   

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 1,374,699 回

https://www.youtube.com/watch?v=ciHLiiacjNc
9位  E-girls / E.G. summer RIDER 

チャンネル:avex

再生数: 1,454,445 回

https://www.youtube.com/watch?v=rnK9FJJwG4Q
8位  はじめ、デザイナーになる 

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 1,468,405 回

https://www.youtube.com/watch?v=iDIE2nr9Uc8
7位  【6/22配信スタート:15秒Ver】ディーン・フジオカ、清野菜名出演『はぴまり』  

チャンネル:Amazonビデオ(アマゾン ビデオ)

再生数: 1,714,485 回

https://www.youtube.com/watch?v=s8L5UhT59M4
6位   Adele - Hello (Cover by Taka from ONE OK ROCK) 

チャンネル:ONEOKROCKchannel

再生数: 1,771,165 回

https://www.youtube.com/watch?v=5GQnC6UUsZw
こちらは今週の注目動画!アメリカでも人気のバンドONEOKROCKのボーカル、TAKAがADELEの名曲をカバー!両親譲りの歌唱力を見せつけています!現役の人気ミュージシャンがYouTubeでカバー動画を出すのは珍しく、注目を集めています!
5位  遊戯王カード15,000枚全部売ってみた  

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 2,180,407 回

https://www.youtube.com/watch?v=B3uFCg80b5M
4位  握手したら手首が切れ落ちるドッキリ 

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 2,193,882 回

https://www.youtube.com/watch?v=UzTgD0xmkJI
3位  ベイブレードの作者からあるものが届いた! 

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 2,523,151 回

https://www.youtube.com/watch?v=hqAMwOglkJM
2位  3年間アメリカに留学します。 

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 3,932,692 回

https://www.youtube.com/watch?v=FzGw6xgau6g
1位  アメリカに着きました。まさかの事態に... 

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生数: 4,113,732 回

https://www.youtube.com/watch?v=qYNCWBGcK0s
今を時めくトップYouTuberであるはじめしゃちょーが、なんと映像の勉強の為に3年間のアメリカ留学を発表! あまりに突然の報告に視聴者が騒然とする中、翌日にはさっそくアメリカ入りを果たしたこちらの動画がアップされました。アメリカのスケールの大きさに胸を時めかせるはじめしゃちょーですが、中盤からどんどん雲行きがあやしくなっていって……? コメント欄には批判が渦巻き、各メディアでも「大炎上」として扱われましたが、実際は高評価(7万)が低評価(3.5万)の倍もつくという、いわゆる「大炎上」とは呼びづらい状況です。例えば、以前彼が「ニベア風呂」で”炎上”した動画は高評価8万:低評価5万となっており、数字を見ても今回の方が炎上度合いは小さいように思われます。

では、なぜ今回の騒動が『大炎上』として印象に残ってしまったのか。それは、最初の動画を見た各ネットメディアがそれを信じて記事を書いてしまったために、2つ目の「ネタばらし」動画を受けて、訂正記事を出さなくてはならなくなったことが大きいようです。しかし、もちろんメディア側もただ訂正記事を出すわけではなく、「ウソだった」「大炎上」という見出しをつけた記事が多かったために、普段YouTubeを見ない層にも今回の炎上騒動が印象付けられてしまったと考えられます

ランキングの続きを知りたい方は…

現在記事内にて公開しているランキングはあくまでも膨大なデータの1部分でしかありません。弊社の使用するツールでは、「YouTube」「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Vine」の動画ランキングを各1000位以上抽出することが可能です。また、再生回数だけでなく、SNSでのシェア数や高評価数を取得しソートすることもできます。これらは、オンラインの動画マーケティングを行う上で、また、若い世代のトレンドを把握する上で、非常に重要なデータとなります。弊社では、クライアント様の個別事例に合わせてデータの提供サービスを行っております。

お問い合わせは、hoss@brkr.jp(担当:細島)まで。


ブレイカーの制作コンテンツの最新情報はこちらから!

ブレイカー株式会社HP  公式twitter  公式Facebookページ