本家越え!?日本YouTubeの音楽カバー動画再生回数ランキング2015【星野源、西野カナ】

2015年、日本で最も再生された音楽カバー動画は!?

みなさんこんにちは。ブレイカーインテリジェンスブログでは、 YouTube解析ツール「tubular」を使って、様々な情報をお届けしていきます。

今回は、「2015年、日本で最も再生されたカバー動画ランキング」をご紹介! YouTubeで活動するミュージシャンは数知れず。音楽動画も星の数ほどありますが、その中でも特に人気なのがヒット曲のカバー動画です。本家とは違うアレンジが楽しめたり、カバーをきっかけに本家を知ったり、楽しみ方は色々。再生リストで流しっぱなしにして作業用にするのもいいですね。

そんなカバー動画ですが、ランキング上位に入るほど人気のあるチャンネルはそれほど多くありません!どんな動画がランクインしたのでしょうか?

(「動画タイトル」 /「チャンネル名」)で記述
※対象は2015年1月1日〜12月31日にアップロードされた動画の、2015年12月31日時点の再生回数
※現在視聴できる動画に限ります
※替え歌や、動画タイトル及び概要欄に「カバーであること」が明示されていない動画は除きます。

5位 SUN/星野 源(Cover) / Goose house

再生数:4,006,743回

https://www.youtube.com/watch?v=C6xMKvMyngs

音楽チャンネルとしては、国内最大級のチャンネル登録者を持つGoose houseが順当にランクイン!既にメジャーデビューを果たした彼らですが、今も定期的にカバー動画をアップしています。全員で楽しそうに歌うスタイルが彼らの真骨頂。星野源人気と合わせて多くの人気を集めました。

4位 【女性が歌う】クリスマスソング / back number (フルカバー)『5→9~私に恋したお坊さん~ 』- 圣诞歌曲 / kobasolo

再生数:4,064,130回

https://www.youtube.com/watch?v=yBCbjFM7mzg

こちらはback numberのヒット曲をカバーした動画。チャンネルのホストであるkobasoloが、ゲストに女性シンガーのLefty Hand Creamを呼んで、あえて男性の曲をカバーしています。これが非常にいい味を出していますね!自分でメインを歌う動画も多い彼ですが、様々なゲストボーカルを呼んで自らはプロデュースに回る、というスタイルでも結果を出しています。

3位 トリセツ / 西野カナ (cover) 『ヒロイン失格』 主題歌 / 粉ミルク

再生数:4,154,925回

https://www.youtube.com/watch?v=Bo-KLAh5JO8

こちらは先日の記事(2015年日本YouTubeで最も再生された音楽動画ランキング)でも紹介した、2015年最も飛躍した音楽YouTuber、粉ミルク!切ない声に病みつきになる人が続出しました!こちらは女性の曲を男性がアコギ1本で歌うスタイル!

2位 No.1/西野カナ『掟上今日子の備忘録』主題歌(Full Cover by Kobasolo & Lefty Hand Cream) / kobasolo

再生数:6,091,879回

https://www.youtube.com/watch?v=kImpWphugRY

再び、kobasoloです!しかも、今回もボーカルはLefty Hand Cream!西野カナの人気ドラマ主題歌をアコースティックにしっとりと歌い上げています。

1位 クリスマスソング / back number (cover)  / 粉ミルク

再生数:16,000,306回

https://www.youtube.com/watch?v=GEqOLMXqOlM

そして今年の1位はなんといってもやはりこれですね!2位に3倍近い差をつけました!この動画のヒットで粉ミルクはチャンネル登録者を倍以上に伸ばしたと言っても過言ではありません。曲調と歌声が完全にマッチした、極上のカバー動画です!

カバーしても、再生されない人気曲もある

今回注目したいのは、カバーのクオリティが高いのはもちろんですが、西野カナとback numberの、YouTubeでの人気がハンパないな、ということです。そしてこの2者には人気だけではない共通点があり、 「公式MVをフルで出さないこと」、 ここがポイントです。そこで満たされない視聴者が、ハイクオリティなカバー動画に流れていくという図式が出来ております。(星野源もフルでは出しませんね)一方で、例えばサカナクションや3代目JSBも超人気ですが、本家のMVを早々にフルで公開することが多いので、カバー動画はあまり伸びません。 今年はどんなカバー曲が登場するのか、楽しみですね!

 


 ※記事の内容、及び「tubular」の使用に関するお問い合わせは、hoss@brkr.jp(担当:細島)まで。

参考:http://blog.brkr.jp/wp-content/uploads/2015/08/Breaker_Intelligence.pdf

【ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!】

ブレイカー株式会社HP 公式twitter 公式Facebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です