【まあまあ高い】YouTuberが最近メルカリで売られがちな件

YouTuberがメルカリに出品! 

スクリーンショット 2017-07-08 13.24.02

みなさんこんにちは! 今週のYouTube再生回数ランキング8位にランクインしたのは、人気YouTuberグループフィッシャーズ。メンバーのうち何人かが、フリマアプリ「メルカリ」に商品として出品されているという驚きの内容でした……!

8位 【1000万円】俺たちを売るのやめてください…

チャンネル:Fischer’s-フィッシャーズ-

再生数: 1,835,338回

販売価格:シルク/¥9,999,999 ダーマ/¥5,000 ンダホ/¥300 

https://www.youtube.com/watch?v=yLdnVA0bseM

出品されていたのはシルク、ダーマ、ンダホの3人。もっとも高額だったのが約1千万円で出品されていたシルクでした(ちなみにコンビニ受け取りの着払い)。このようないたずらを止めるようにと呼びかけていますが、出品情報を確認するメンバーは和気あいあいとしています。

しかし、この動画のコメント欄には「ヒカキンのパクリ」などの辛辣な批判が続々と並びます。そう、先週にはヒカキンもメルカリに出品され、同様の動画を投稿していたのです!

スマートフォンひとつで気軽に商品のやり取りができるフリマアプリ。今やYouTuberも気軽に売買できるようになってしまったのでしょうか……?

小島よしおのTwitterが発端?売られるYouTuber

ちなみに、ヒカキンがメルカリに売られていたときの動画はこちら。

9位(先週)【悲報】メルカリにヒカキンが売られてた 

チャンネル:HikakinTV

再生数: 2,264,301 回(7月8日現在)

販売価格:¥55,555

https://www.youtube.com/watch?v=kIfEX5LLZtI

Twitterのフォロワーから、自分がメルカリで売られていることを教えられたヒカキン。出品用の写真のチョイスがひどいなど、困りつつも楽しく紹介しています。ヒカキンが閲覧した時点で投稿はすでに削除されたようですが、やたらあたりの強いコメントは残っていたようです。

ヒカキンはこの動画内でいたずらを止めるように呼びかけていますが、むしろ被害はエスカレート。メルカリでは次々とヒカキンが出品され、挙げ句の果てには別のフリマアプリ「フリル」にもヒカキンが出品される始末。

【お願い】もうやめて。。。

チャンネル:HikakinTV 

再生数: 2,264,301 回(7月8日現在)

販売価格:¥99,999

https://www.youtube.com/watch?v=paA-390UIMg

メルカリでの出品時より値上がりしているヒカキン。動画内でヒカキン本人も「ちょっと楽しみ」というように、自分が出品されているという状況自体は面白がっているようです。

フィッシャーズとヒカキンの動画により、メルカリに売られるのがYouTuberのトレンドかのような動画も投稿されるように。

【メルカリ】私もついに、売られてました。

チャンネル:mizunaTV

再生数:2,344 回(7月8日現在)

(販売価格:¥300)

https://www.youtube.com/watch?v=0jclYJSqhc0

育児動画や歌手活動が人気の市野水菜さんも、自分がメルカリに売られていたことを話題に。とはいえ売られていたのは本人ではなく、市野さんおインタビューが掲載された記事の切り抜きだったようですが……。 

ヒカキンの動画でも言及されていますが、事の発端になったのはおそらく5月8日に投稿されたこちらのTwitter。タレントの小島よしおが、自分がメルカリに出品されていたことを自身のTwitterで告白し話題になり、現在11万リツイートを突破しています。

メルカリで俺が売られていた。2万円。。

@yoshiopiiya

「おっぱっぴー」をきめる小島よしおが堂々出品。しかしメルカリが調査したところによると、こちらの商品(小島よしお)はそもそも出品の記録すら確認されなかったというもので、誰かのコラージュ画像であったことも考えられています。

動画的にはおいしいけど、やはりいたずらはNG

今回のYouTuberメルカリ出品騒動で共通しているのは、YouTuberたちはこの状況を面白おかしく紹介しつつも、視聴者に「こういうことは絶対にしないでください」と出品の禁止を強く呼びかけていること。人物をメルカリに出品することは重大な規約違反、法的リスクを伴う深刻ないたずらですので、決して真似をしないようにしましょう。

【日本YouTube週間再生回数ランキング】

(2017年7月4日付)

※対象は2017年6月26日~7月2日にアップロードされた動画の7月4日時点の再生回数

10

0704-10

ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

/  桐崎栄二/きりざきえいじ

再生数:1,800,007


0704-9

大当たりはおまけ?裁判覚悟でドリームガチャの裏事情を全て暴露します

/  ヒカル(Hikaru)

再生数:1,833,056


0704-8

【1000万円】俺たちを売るのやめてください…

/ Fischer’s-フィッシャーズ-

再生数:1,835,338


0704-7

😍【感動するサッカーフェアプレイTOP10!!】フットボールのフェアプレーペナルティの瞬間

/ FM24/7 HD

再生数:1,950,374


0704-6

【マインクラフト】ヒカキンくんがエンダードラゴンに乗って帰ってきた!? マイクラ新シリーズ!【Animal Bikes Mod 前編】

/    HikakinGames

再生数:1,971,455


0704-5

てかシバターそろそろ調子乗りすぎじゃね?

/     へきトラハウス

再生数:2,007,954


位 

0704-4

【危険】マウスウォッシュ100回やったら口の中はどうなるの?

 / はじめしゃちょー(hajime)

 再生数:2,094,507


0704-3

助けて。兄ちゃん。。。

/ HikakinTV

再生数:2,683,248


0704-2

【超危険】アルコール度数96%スピリタスを飲んだら意識ぶっ飛びかけた。

/ Fischer’s-フィッシャーズ-

再生数:2,782,764


 

0704-1

【悲報】はじめしゃちょーたばこを始める。。。

/ はじめしゃちょー(hajime)

再生数:3,100,026

 今週のひとこと
4週ぶりにはじめしゃちょーが1位を獲得!最近のYouTube界は「短く、思わせぶりな」タイトルが流行中!ヒカキンは惜しくも3位でしたが、意味深なタイトルは5週連続でランクイン!さらに今週はフィッシャーズのメンバー数人がネット通販で売られていた動画がランクイン。以前のヒカキンに続き同様の悪戯に悩まされています。10位には久々に桐崎栄二がランクインしました。

 2016年下半期の傾向
2016年の下半期はとにかく「君の名は。」関連動画と「逃げ恥」関連動画が席巻した感のある日本YouTube。カバー動画、パロディ動画、踊ってみた動画など、様々な形でランクインしました。テレビや映画といった既存のメディアの拡声器としての側面を如実に表した形と言えそうです。一方で、最も衝撃的なニュースはやはり「PPAP」でした。こちらは、逆にYouTubeから既存のメディアに進出したパターン。既存のメディアのおかげでYouTubeが賑わうのか、YouTubeのおかげで既存のメディアが生き延びているのか、卵と鶏の関係になりつつあるように感じます。いずれにせよ、日本のエンタメコンテンツを取り巻く環境は、メディアの新旧に関わらず、限りなくフラットになりつつあると考えて間違い無いでしょう。

 【その他のYouTube関連コラム】

結局YouTuberは好きなことで生きていけたのか?人気YouTuberの相次ぐ活動休止について考える!【瀬戸弘司、バイリンガール…】
【全て100万再生】2016年、本当にバズった企業CMをまとめてみた!
再生回数30億越え!世界中から人気を集める日本のキッズYouTuberまとめ!【せんももあい、kan&aki…】
又吉が作った「清里のPR動画」の再生回数がテレビ放映後に急上昇!!テレビのチカラは未だ健在!?
【HIKAKINやあの人気声優も】熊本地震でネット動画は何を発信したのか?6つの事例まとめ
【登録者1000万人超 】ロサンゼルス発、動画を一切撮影せずに成功した動画ビジネス「FailArmy」のカラクリ
【「Hikakin TV」はサブチャンネル!?】YouTuberはなぜいくつもチャンネルを作るのか?その理由を分類!【コラム】 


動画戦略のお手伝いいたします
「YouTubeチャンネルを始めてみたいが、やり方がわからない…」「どうしたらSNSでシェアされる動画が作れるのか分からない」などのお悩みを抱えていませんか?誰もが動画業界に気軽に参入できる時代になりましたが、それだけに競争が激しく、闇雲に動画を公開してもなかなか上手くいきません。当サイトで動画業界の動向を見守ってきた知見をもとに、御社の動画戦略のお手伝いをいたします。また、動画で発信したいパフォーマーや表現者の方の支援も行っております。アナログでの活動に限界を感じつつあるミュージシャン、ダンサー、映像制作者など、どんなジャンルでも構いません。やる気のある方、現状を打破したい方、気軽にお問い合わせください。お問い合わせはterashima@brkr.jpまで。


動画ランキング一覧!

【週刊】日本YouTube動画ランキング!
【週刊】Facebook動画ランキング!
【週刊】Twitterトレンド動画ランキング!
【月刊】Instagram動画ランキング!

【月刊】世界YouTubeランキング
【月刊】YouTuber人気ランキング
【月刊】YouTube音楽ランキング

ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!

ブレイカー株式会社HP 
公式twitter 
公式Facebookページ