生田斗真が過去に出演したイケパラのワンシーンが懐かしすぎると話題に!【Twitterトレンド動画ランキング】

 YBGgi9BO_400x400

2016年7月11日付の世界Twitter週間エンゲージメント数ランキングは!?

このブログでは、動画解析ツール「tubular」を使って、YouTubeやFacebook等の動画ランキング情報をお届けしていきます。

※対象は2016年7月3日~7月9日にアップロードされた7月11日時点のエンゲージメント数(リツイート、いいね!の合計)
※国内ランキングは世界ランキングの中から日本語で投稿されている動画のみを抽出
※現在視聴できる動画に限ります。タイトル名は編集上、簡略化しているものもございます。

jp100 【Twitter週間エンゲージメント数ランキング・日本】

(2016年7月11日付)

5位「音フェチにはたまらない動画 」

アカウント名:コトキル

エンゲージメント数:152,379回 

 

4位「わたし!わたしにください!わたしにです!」

アカウント名:トン

エンゲージメント数:161,174回 

 

3位「タイのCMで1番好きなのはこれ😳」

アカウント名:しいなくん

エンゲージメント数:164,049回 

 

2位「これほんとすきwww」

アカウント名:みほ

エンゲージメント数:174,133回 

 

1位「イケパラの中津劇場が大好きでした」

アカウント名:キャない

エンゲージメント数:329,668回 

 生田斗真演じるイケパラのワンシーンが話題に!?

今週、最も国内でエンゲージメントを獲得したツイート動画はなんと2007年に公開されたTVドラマ「イケメンパラダイス」の中で切り取られたワンシーンのカットが第1位にランクイン。当時一世を風靡したイケパラですが、10年近く経った現在でもTwitterで再び話題を集めることができると考えると非常に興味深く感じます。

これほどまでにも、昔のコンテンツが今となって拡散されたのはやはり「動画」が持つチカラが大きいといえます。このツイート動画を見て当時の記憶がよみがえり、また再びこのドラマを見たくなったという人も多いのではないでしょうか?

視聴率の低迷が嘆かれている昨今のテレビドラマですがPRの方法によっては今回の名シーンを切り取ったように今のスマホ時代に合わせたバイラルしやすい「コンテンツの尺」や中身を踏まえ、Twitter投稿を積極的に活用することによって大きく改善できるのではないでしょうか?ミュージックビデオの世界ではすでにSPでバズるように設計されたコンテンツが増えてきており、直近話題になったデバイススクリーン自体をジャックしたアイドルのMVは記憶に新しいのではないでしょうか?

RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】 from RUNandRUN_lyrisch on Vimeo.

今後、ドラマの世界でもよりスマホ意識した取り組みが増えてくる日も近いのではないでしょうか?

 

275071

【Twitter週間エンゲージメント数ランキング・世界】

(2016年7月11日付)  

5位「これほんとすきwww 」

アカウント名:みほ

エンゲージメント数:174,133回 

 

4位「when you're racist and think your white skin owns everything 」

アカウント名:BABY G

エンゲージメント数:220,264回 

 

3位「meanwhile, in Canada」

アカウント名:Lurid VE

エンゲージメント数:247,291回 

 

2位「he's scared of the fireworks so my mom put on some dog videos for him」

アカウント名:emily

エンゲージメント数:324,989回 

 

1位「イケパラの中津劇場が大好きでした 」

アカウント名:キャない

エンゲージメント数:329,668回 

イケパラの動画が世界でも話題!? 

今週も最も世界で話題になったツイート動画は先ほどご紹介したイケパラのツイート動画が総エンゲージメント数30万回を超え第1位にランクインする結果に!日本のTwitterの利用率が他国に比べて高いこともあるかと思いますが、国内のみならずアジアにおいても本ツイートが話題になっていることがわかります。

いかがでしたでしょうか?今回も非常に個性派ぞろいのラインナップとなりました!

果たして来週はどのようなツイートがトレンドになっているのでしょうか?

お楽しみに〜🎶


ランキングの続きを知りたい方は…

現在記事内にて公開しているランキングはあくまでも膨大なデータの1部分でしかありません。弊社の使用するツールでは、「YouTube」「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Vine」の動画ランキングを各1000位以上抽出することが可能です。また、再生回数だけでなく、SNSでのシェア数や高評価数を取得しソートすることもできます。これらは、オンラインの動画マーケティングを行う上で、また、若い世代のトレンドを把握する上で、非常に重要なデータとなります。弊社では、クライアント様の個別事例に合わせてデータの提供サービスを行っております。

お問い合わせは、shingo@brkr.jp(担当:嶋添)まで。

ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!

ブレイカー株式会社HP 公式twitter 公式Facebookページ