【君の名は。】『前前前世』の英語ver.を歌うシンガー「渡辺レベッカ」がTwitterで話題に!YouTubeでフルバージョンも!

みなさんこんにちは!

今週のTwitter国内ランキングの3位に入ったのは、映画「君の名は。」の主題歌として大ヒット中の『前前前世』の英語バージョンでした!そのツイートがこちら!

このツイートは、現在7万回リツイート、18万回お気に入りされ大拡散!韻やサビの繰り返しの雰囲気も含めて、『前前前世』の歌詞を見事に英語に訳して歌っています!

この歌を歌っているのは、『渡辺レベッカ』さんという「アメリカ生まれ育ちのバイリンガルなシンガーソングライター」とのこと。『日本留学中のある日。  ミュージックステーションで音楽活動停止直前だった絢香さんの「夢の味方に」を聴き、』日本で歌手活動をすることを決意したそうです。(公式HPより)
都内を中心にライブ活動を行うほか、YouTubeでも多数動画を公開しています。その多くは、「英語の歌の日本語訳」や「日本語の歌の英語訳」。コメント欄では「英語の勉強にとてもいい!」「声がきれい!」など絶賛の声が多数。

今回の『前前前世』のフルバージョンは、君の名はブームに乗って40万再生を突破!

https://www.youtube.com/watch?v=IpFxdQx39IU

Alexandros 『 ワタリドリ』も英語ver.に!

https://www.youtube.com/watch?v=a9Rd6gHOEsA

ミスチルも!

https://www.youtube.com/watch?v=h-pgBq4C2us

逆にOne Directionは日本語に!

https://www.youtube.com/watch?v=HiY7f66beZk

英語カバーは音楽業界でも頻繁にある手法ですが、これだけ速く柔軟に英語カバーを作って発表できるのは、YouTubeのカバー文化の上でのこと。多くのミュージシャンが露出の機会を求めてしのぎを削るYouTube界。ただ歌が上手いだけではなかなか特徴が出せない中で、こういった、自らの武器を最大限に生かすスタイルが、注目され始めています。

 【Twitter週間エンゲージメント数ランキング・日本】

(2016年10月3日付)

※対象は2016年9月25日~10月1日にアップロードされた10月3日時点のエンゲージメント数(リツイート、いいね!の合計)
※国内ランキングは世界ランキングの中から日本語で投稿されている動画のみを抽出
※現在視聴できる動画に限ります。タイトル名は編集上、簡略化しているものもございます。


スクリーンショット 2016-10-03 14.11.04

RADWIMPS “なんでもないや”(movie ver.) 上白石萌音 三葉役 cover

りょー@らっどりる

エンゲージメント数:190,534回  

 


 位 

スクリーンショット 2016-10-03 14.11.36

いとうあさこ46featuring欅坂46 「サイレントマジョリティ」

とっぽ⊿低浮上

エンゲージメント数:203,445回  


スクリーンショット 2016-10-03 14.11.57 

前前前世の英語verかっこいい!

宗一郎

エンゲージメント数:235,941回 


スクリーンショット 2016-10-03 14.12.20

このWiiのテニスの試合やばすぎwww 

fUG(i)N

エンゲージメント数:276,135回 


スクリーンショット 2016-10-03 14.12.49

そんなに嫌がるとは思わなかった

だれんす

エンゲージメント数:341,054 


ランキングの続きを知りたい方は…

現在記事内にて公開しているランキングはあくまでも膨大なデータの1部分でしかありません。弊社の使用するツールでは、「YouTube」「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Vine」の動画ランキングを各1000位以上抽出することが可能です。また、再生回数だけでなく、SNSでのシェア数や高評価数を取得しソートすることもできます。これらは、オンラインの動画マーケティングを行う上で、また、若い世代のトレンドを把握する上で、非常に重要なデータとなります。弊社では、クライアント様の個別事例に合わせてデータの提供サービスを行っております。

お問い合わせは、shingo@brkr.jp(担当:嶋添)まで。


その他の動画ランキング!

【週刊】YouTubeランキング!
【週刊】Facebook動画ランキング!
【週刊】Instagram動画ランキング!

【月刊】世界YouTubeランキング
【月刊】YouTuber人気ランキング

ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!

ブレイカー株式会社HP 
公式twitter 
公式Facebookページ