【ヒカル】2017年やってみた系YouTuber再生回数ランキングTOP10を発表!【フィッシャーズ】

2017年、今年もさらなる盛り上がりを見せたYouTube。実験や検証などを行う動画で人気の”やってみた系”YouTuberの影響力はますます大きくなり、社会現象的な話題となる人物や動画も現れました。

2017年の国内YouTube動画ランキングでは、TOP10のほとんどをミュージックビデオが占める結果となっていましたが、やってみた系YouTuberの動画ではいったいどんなランキングになるのでしょうか!?

2017年に投稿された動画の中から、やってみた系YouTuberの再生回数ランキングTOP10を見ていきましょう!

2017年1月4日時点の再生回数をもとにしたランキングです

嵐のメンバーがハマった!全国放送TVで紹介された釣り動画

10位:【衝撃】フェリー乗り場の隣で信じられない生物が・・・

https://www.youtube.com/watch?v=R-IlyGeHjIk

チャンネル:釣りよかでしょう。

再生回数:12,254,254

釣り動画の投稿をメインに佐賀県で活動するYouTuberグループ「釣りよかでしょう。」の動画が10位にランクインしました。

この動画が伸びるきっかけとなったのは、TV番組の「櫻井・有吉THE夜会」。この番組で嵐の二宮和也が、釣り好きの大野智にオススメしたというエピソードと合わせて、こちらの動画が紹介されました。

チャンネル登録者数75万人と、釣り好きなら誰もが知ると言われるほど人気のチャンネルですが、TVの影響力も相まって急上昇動画となったようです。

YouTuberの影響力の大きさが浮き彫りになった炎上騒動

9位:今回の騒動について。

https://www.youtube.com/watch?v=uWLLUpgWdxI

チャンネル:はじめしゃちょー(hajime)

再生回数:12,498,873

日本のチャンネル登録者数No.1を誇るYouTuber、はじめしゃちょーの炎上謝罪動画が9位にランクインしました。

はじめしゃちょーは今年3月、YouTuberの木下ゆうかや一般の女性ファンとの浮気・二股交際疑惑が浮上したことから炎上。ワイドショーにも取り上げられる騒ぎとなりました。

謝罪動画の直後、ゴルフクラブを誤った用途で折る動画をアップしたことから炎上が拡大し、活動休止していましたが、およそ1ヶ月半を経て5月に復帰。復帰早々にチャンネル登録者数が500万人を突破するなど、復帰後は順調に活動しているようです。

中高生の間で大ブームに!意味不明な伝言が笑えるあのゲーム

8位:【大流行】イヤホンガンガン伝言ゲームを全員でやったら大爆笑www

https://www.youtube.com/watch?v=911roRxqA5c

チャンネル:Fischer’s-フィッシャーズ-

再生回数:12,820,898

人気YouTuberグループ・フィッシャーズが、中高生の間で大ブームとなった遊び「イヤホンガンガン伝言ゲーム」をやってみた動画が8位にランクインしました。

イヤホンガンガン伝言ゲームとは、大音量で音楽を流したイヤホンをしながら、口元の動きで内容を読み取り、次の人へ伝言していくという遊びで、意味不明な内容が伝言されていく様子が面白いと話題に。ブームと同時に、難聴に繋がる危険性を指摘する声も上がりました。

ちなみに、イヤホンガンガン伝言ゲーム自体の元ネタは、人気バラエティTV番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の1コーナーと言われています。

 

実験系YouTuberの新星!196万人の登録者数を持つ高校生

7位:1500℃の塩をスイカに流し込んだら大爆発した!!

https://www.youtube.com/watch?v=XI9VpYYdYgY

チャンネル:すしらーめん《りく》

再生回数:13,160,631

大がかりな装置を自作するなど、本格的な検証動画で人気を急上昇させた実験系YouTuber「すしらーめん《りく》」。彼の代表的な実験動画で7位にランクインしました。

現在チャンネル登録者数196万人と、間もなく200万人に届く勢いを見せるほどの支持の高さですが、なんとまだ18歳の現役高校生。

高校3年生とあって、今年は受験のために動画投稿をセーブしていた時期もありましたが、進学先の大学が決まったことを報告し、現在は動画投稿を再開しています。

Mステでも披露!日本を代表するYouTuber兄弟のヒット曲

6位:雑草 / ヒカキン&セイキン

https://www.youtube.com/watch?v=UyV9ud-akdw

チャンネル:SeikinTV

再生回数:13,972,217

10月に公開されたヒカキン&セイキン兄弟のMVがランクイン!今回は作詞作曲を担当したSeikinチャンネルで公開されています。2人の下積み時代を歌ったこの曲は、iTunesでも総合1位を獲得した他、年末のミュージックステーションSPでも披露。

多くのやってみた系YouTuberが台頭した2017年でしたが、失脚も多かった2017年。そんな中、抜群の安定感を誇るこちらのベテラン兄弟が、MVで存在感を見せました。

仮面女子のメンバーがあのネタを!? 身体張りすぎ現役アイドル

5位:【失敗】アキラ100パーセントを女がやってみた

https://www.youtube.com/watch?v=DhbTxOhKiXo

チャンネル:神谷えりな Kamiya Erina

再生回数:14,315,239

アイドルグループ・仮面女子に所属する神谷えりな。現役アイドルがお笑い芸人・アキラ100%のネタを披露するというインパクトのありすぎる内容で、5位にくい込みました。

こちらの記事でも取り上げたように、2017年10月にYouTubeをスタートしたばかりにも関わらず、再生回数とチャンネル登録者数ともに急上昇。

現役アイドルとは思えない身体を張ったネタを続々と投稿している彼女ですが、来年以降もこの調子で投稿が行われていくのか気になるところです。

 

フィッシャーズ自らが作詞作曲したオリジナル楽曲がランクイン

4位:【新曲】虹/Fischer’s

https://www.youtube.com/watch?v=0xI4J9CwMuY

チャンネル:Fischer’s-フィッシャーズ-

再生回数:17,946,983

フィッシャーズのオリジナル楽曲「虹」のミュージックビデオが、1500万回を超える再生回数で4位にランクインしました。

メンバー自身が歌を披露し、ミュージックビデオに出演するだけでなく、作詞作曲や撮影編集もメンバーそれぞれが担当。

この曲を発表したフジテレビの夏のイベント「めざましライブ」では、フィッシャーズのステージに7000人以上の観客がつめかけ、影響力の大きさを見せつける出来事となりました。

iPhoneXのアニ文字から”ジャーキー犬”が新たなブームに!?

3位:笑ってはいけないアニ文字がツボに入ってしまった。

https://www.youtube.com/watch?v=28jAR_LDNJE

チャンネル:Fischer’s-フィッシャーズ-

再生回数:17,955,999

iPhoneXに搭載された新機能「アニ文字(animoji)」を使ったフィッシャーズの動画が、3位にランクイン。11月に公開されたばかりの動画が、年間のランキング上位に入るという急上昇ぶりです。

アニ文字とは、こちらの記事でもご紹介したとおり、iPhoneXのカメラを使って顔の表情を12種類のキャラクターに反映させることができる機能のこと。

この動画の面白さが新たなブームとなり、動画で使われた犬のアニ文字が2人のやり取りにちなんで”ジャーキー犬”と呼ばれ、若者に人気のショートミュージックアプリ「TikTok」で、”ジャーキーチャレンジ”という新たなブームが起きているようです。

UUUMの人気YouTuberが大集合!2017年最も伸びたタイアップ動画

2位:沢山のYouTuberと「学割ってるダンス」してみた!

https://www.youtube.com/watch?v=P6eKQ7zbtT8

チャンネル:Fischer’s-フィッシャーズ-

再生回数:18,211,900

2位にランクインしたのはフィッシャーズの「学割ってるダンス」動画。2017年ランキングの2~4位をフィッシャーズが独占する形となりました。

「学割ってるダンス」とは、こちらの記事でも取り上げたように、ソフトバンクの学割キャンペーンと連動した企画。キャンペーンが終了しているため、本家のCM動画はすでに見ることができませんが、本家を圧倒的に超える再生回数となっています。

この動画には、HIKAKINやはじめしゃちょー、水溜りボンド、関根理沙などを始めとするUUUM所属のYouTuberが多数出演しており、再生回数を大きく伸ばしました。

YouTubeの枠を超えて、今年最もバズった動画といえばこれ!

1位:当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します

https://www.youtube.com/watch?v=30roBDlCA7k

チャンネル:ヒカル(Hikaru)

再生回数:19,785,822

2017年”やってみた系”YouTuberの動画で堂々の1位を獲得したのは、1900万回の再生を突破したヒカルの「祭りくじ」動画となりました!

お祭りで出店されるくじ引きの屋台に300万円を持って訪れ、本当に”当たり”が入っているか検証するという内容で、タブーに切り込むこの動画がTwitterなどのSNSを巻き込んで大きなバズを起こしました。

今年4月にこの動画で一躍有名YouTuberとなったヒカルですが、9月にはVALU騒動で活動休止、2ヶ月半後に復帰を果たすなど、今年のYouTube界に最も波乱を起こした存在だったと言えるかもしれません。

世間でもさらにYouTuberの存在感が増した年に

TOP10のうち半数近い4つのランキングをフィッシャーズが独占し、YouTuberグループとして若者層への圧倒的な人気を証明する結果となりました。

また、今年は嵐のメンバーがTVで紹介したことで急上昇した、釣りよかでしょう。の動画がランクインしたことや、はじめしゃちょーの炎上騒動やヒカルの祭りくじ動画など、YouTubeでの話題がTVのニュースで取り上げられるなど、YouTubeの枠を超えて話題になることが増えた年だったと言えます。

さらに影響力を持ったメディアになっていくと考えられるYouTubeで、来年はどんなYouTuberが活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

《人気記事》

2017年最新・歴代日本YouTubeで最も再生された動画ランキング!!

【2017年最新】歴代YouTube再生回数ランキングTOP10!

2017年最新!世界インスタグラムフォロワーランキングTOP10!

2017上半期、メイク・美容動画再生数ランキングTOP5!


動画ランキング一覧!

【週刊】日本YouTube動画ランキング!
【週刊】Facebook動画ランキング!
【週刊】Twitterトレンド動画ランキング!
【月刊】Instagram動画ランキング!

【月刊】世界YouTubeランキング
【月刊】YouTuber人気ランキング
【月刊】YouTube音楽ランキング

ブレイカーの情報、制作コンテンツの最新情報はこちらから!

ブレイカー株式会社HP 
公式twitter 
公式Facebookページ